患者様に健康を提供し、
貢献していく為には、スタッフ一人ひとりが
幸せになることだと考えています。

写真

カラダミライラボの企業理念

「インサイドアウトで、より多くの患者様の健康に貢献し続ける」

写真

インサイドアウトとは、「一番内側を自分ととらえ、まずは自分、そして自分の身近な人たちから幸せにしていこう」という考え方です。

治療院業界においては、「患者様のために」という考えをよく耳にしますが…。
カラダミライラボでは、まずはそれぞれのスタッフが「自分」を大事にするところから始めます。

まずは自分を大事にする、自分が幸せになることで、結果的に周囲を幸せにすることができる人材になると考えています。

患者様を健康にするためには、まずは自分自身、スタッフ自身が幸せになる必要がある。
治療家としての成功のために、自分を犠牲にして勉強する、働く、という従来のよくある考え方とは全く逆の考え方です。

全社員が、この「インサイドアウト」の理念のもとに、自分が幸せになる方法を真剣に考えています。
そのため、「働きやすいづくり」「社員が楽しく働ける仕組みづくり」が日々行われています。

これらの考えを基本に置きながら、会社組織として治療院運営という健康事業を通して、より多くの患者様に貢献し続けていきます。

カラダミライラボの企業理念が生まれた理由

ある日家に帰ると、誰もいませんでした。

愛する妻と子供がいたのですが、苦しい生活に耐えきれずに去って行ってしまったのです。
仕事を中心とした生活で妻と子供とはすれ違いの生活となり、家族との一緒の時間を作りたくても作れない。

また休日は仕事のことが頭から離れず、せっかくの休日も休んだ気にならない。
働き過ぎて体調を崩し、入院したこともありました。

当時の生活は決して楽ではなく、苦しい日々の連続でした。

家族が誰もいなくなった部屋に置いてあった離婚届を見たとき、「なぜ、こんなことになったのだろう?」と不思議な気持ちでいっぱいになったのを今でも覚えています。

写真お恥ずかしい話ですが、これは全て代表の斉藤が経験した実話です。
もしも、あなたが昔の私のような状態だっとしたら、患者様へ本当に満足のいく施皆様皆様術を行うことが出来るでしょうか?

私はこの経験を踏まえて、

自分と家族を大切にしながら、稼げるようになることが成功=幸せへの道
だと考えるようになりました。

また、

『今の状況を作っているのは自分自身。悪いことを人のせい、周りのせいにしない』

ということも強く意識するようになりました。

結局、他人の考えや行動、環境、条件など、影響できないことに集中している限り、ほとんど何も解決することはできません。

なぜなら、「自分の取り巻く環境や状況は、全て自ら創り出している」からです。

今の職業、会社にいるのも
今の労働条件で働いているのも
今の彼氏、彼女を選んだのも
今の旦那さん、奥さんを選んだのも

ぜんぶ自分が決めたことです。

だからこそ、他人に変化を要求するのではなく、自分を変えることで状況を改善しなければいけない。
自分の人生は自分で責任を持つ。
他人や環境のせいにしなくても、自分が変わることで、状況を良くすることが出来る。

他人は変えられないが自分はいつでも変えられる、そう思うようになりました。

このような過去の苦い経験からインサイドアウトという考え方を大切にしよう、この考え方を治療院業界へ広めていくことが私の使命だと心に決めたのです。

たった一度の人生です。後悔のない最幸の人生を送る為に
スタッフ全員が幸せになることを本気で考えています。

写真

世間一般では「お客様が神さまだ」とよく言います。
私は、その考えを否定するつもりはありません。

しかし患者様に健康を提供し、貢献していく為には、まずスタッフ一人ひとりが幸せになること。それが最終的に患者様を幸せにできると本気で考えています。

ですので、カラダミライラボでは、無理やり残業させたり、残業代を支払わずに働かせるということはまずありません。(自分の意思で休日に勉強にいそしむスタッフさんは数多くいますが・・・)

全員がイキイキと働き、「ココで働いてよかった」といえる治療院づくりを目指しています。